5/23〜30

5月23日(日曜日)
プリチャンを観る。来週で最終回…?そんな…なにかの間違いでは?プリチャンが終わるはずないじゃないか。嘘に決まってる。
浦和古本いちに行く。三浦哲郎のおらんだ帽子、野、愁月記の3冊と三好達治詩集、金子光晴の風流尸解記を買う。金木書店で倉橋由美子の聖少女の箱本を買う。禍々しい紅がカッコイイ。その後図書館で読書。岩渕功一編、多様性との対話を読了。

5月24日(月曜日)
バイト。どうやらプリチャン最終回は嘘ではないらしい。どうしよう。プリチャンが終わったら自分は何を希望に生きればいい? プリチャンが終わることへの恐怖を労働で誤魔化す。帰宅後図書館に行って新潮2020年12月号に収録されてる舞城王太郎の檄という短編を読む。面白かった。

5月25日(火曜日)
ブックオフで本を売る。600円になる。ブックオフ山下澄人のしんせかいを買う。プリチャン最終回が怖くて気が狂いそうになる。泣きそうになる。

5月26日(水曜日)
バイト。終わった後、派遣の事務所に行って給料をもらう。同時代ゲーム、そろそろ終わりが見えてきた。ふとプリチャン最終回が近いことを思い出し情緒が不安定になる。行き交う人々、自分を囲う建造物、自然、すべてが恐ろしくなり死にものぐるいでここから逃げようと走る。プリチャンの曲を大音量で聴いて心を落ち着かせる。ぼちぼち再読していたcitrusを読み終える。やっぱり最終巻だけ別漫画すぎ。

5月27日(木曜日)
バイト。プリチャン最終回のことで頭がいっぱいになり作業に集中できない。頑張ってなんとか乗り切る。精神が限界に近い。気が付いたらみらいちゃんのぬいぐるみに泣きながら縋りついていた。みらいちゃんのぬいぐるみはぬいぐるみだから当然なにも答えない。けど底抜けに明るい彼女の笑顔は私に泣かないでって言ってくれているみたいで、すこし笑顔になれた。一緒にゾンビランドガリベンジを観る。

f:id:sekizui_sekiko:20210601211736j:plain

5月28日(金曜日)
キネマ旬報シアターで夜明け前のうたというドキュメンタリー映画を観る。沖縄は自宅監置という精神障害者を家族が小屋に閉じこめる制度が戦後も残っていて、その自宅監置によって閉じ込められていた精神障害者を追ったドキュメンタリーで、本土と比べ特異な沖縄の精神医学史のことなど色々勉強になった。帰宅後、図書館で読書。ボラーニョの通話を読了。表題作の通話が良すぎる。
深夜にいろいろ考えた結果、プリチャン最終回を見届けたら自殺することにした。

5月29日(土曜日)
セールの日なのでブックオフへ。草野原々の最後にして最初のアイドルと筒井康隆の虚構船団を買う。図書館で読書。けんか空手 極神無頼拳って映画を観る。夜は土曜プレミアムで地上波放送してたゴジラキングオブモンスターズを観る。大江健三郎同時代ゲーム読了。すごい小説だった。明日死ぬので遺書書いて寝る。

5月30日(日曜日)
起床する。部屋のぬいぐるみたちにいままで見ていてくれてありがとうと感謝をする。ナイフを喉元にあて、プリチャン最終回の視聴を開始。恐怖はない。プリチャンと共に死ぬ私はプリチャンと共に永遠となるのだから。でも…それなのに…プリチャンの女の子たちの笑顔が私に生きてねって言っているような気がして、私は…私は…………手に持っていたナイフを落としてしまい、その場で膝まづいて泣き続けるしかできなかった。
図書館で読書。群像2020年12月号掲載の乗代雄介、旅する練習と現代思想2021年3月号(東日本大震災特集)を読了。

5/16〜22

5月16日(日曜日)
プリチャン観て元気を貰いいざ文フリ東京へ。メルキド出版さんから頒布されるREBOX創刊号は自分が装画を担当した。現地でメルキドさんから実物を貰う。文フリでお買物。以下、購入したもの。

神町トリビュート(メルキド出版)
・エリーツvol.3(エリーツ)
・奇書が読みたいアライさんのソローキン全作紹介SP
・「セカイ系同人誌(仮)」準備号
フェミニズム文学ガイド

文フリ終了後、売り上げ金を使ってメルキドさんTakuさんあかふしさん齋藤さん鯖さんと新橋の土間土間で打ち上げ。打ち上げで余ったお金使って東京のブックファーストでお買物。自分は笙野頼子の猫道とパウェーゼの流刑を買う。帰りの電車でリービ英夫の星条旗の聞こえない部屋読了。

5月17日(月曜日)
図書館で読書。昨日買ったエリーツとくたばれインターネットを読み終わる。夜はAmazonプライム青春の殺人者を観る。瞬間最大風速が前半の殺人シーンで終わっちゃうのっであとがちょっと退屈だったりする。それでも充分面白い。

5月18日(火曜日)
バイト。特筆することなし。

5月19日(水曜日)
池袋へ。早く着きすぎて店が開いてないのでドトールで読書。ローブシンの蒼ざめた馬読了。ジュンク堂で瀬戸夏子のはつなつみずうみ分光器 after 2000 現代短歌クロニクルと岡田睦の明日なき身を買う。講談社文芸文庫のクリアファイルをもらう。その後ダッシュストアのプリチャンコラボに行く。みらいちゃんとだいあちゃんのアクスタを買う。最後はブックオフ。以下、購入本。

知的生き方教室(中原昌也)
Boy's Surface(円城塔)
工場(小田山浩子)
花幽し(松浦寿輝)
SPEEDBOY!(舞城王太郎)
馬たちよ、それでも光は無垢で(古川日出男)

帰りの電車で津止正敏の男が介護する読了。

5月20日(木曜日)
バイト。休憩時間に三浦建太郎の訃報を知る。ゾンビランドサガ観て心を癒す。

5月21日(金曜日)
朝、佐藤友哉の灰色のダイエットコカコーラを読了。その後MOVIXさいたまでガメラ3 イリス覚醒の4KHDR版を観る。ドルビーシネマで観るイリスは美しすぎた。紀伊国屋で大ダークの3巻を買って帰る。銀行で奨学金返済の申し込みをする。

5月22日(土曜日)
バイト。今日から大江健三郎同時代ゲームを読み始める。帰宅後、けんか空手 極真拳を鑑賞。最後らへんほとんど空手関係なくて草。

f:id:sekizui_sekiko:20210522223516j:plain

f:id:sekizui_sekiko:20210522223521j:plain

ひどいことをする男

「パパのパスタにピザの宅配を頼んだよ。この時間帯だからきっとらぁらちゃんが届けに来てくれるに違いない。楽しみだなぁ」
 わざとらしく男は独り言を言ってみる。身体の震えを誤魔化そうとしているのだ。これから男は首を吊って死ぬ。ずっとずっと死にたかった。生きるのはとても辛い。でも、死ぬのが怖くて男は震えている。いやだいやだいやだ死ぬのは怖い死ぬのは怖い死んだらどうなってしまうんだ?真っ暗になってなんも見えなくなってなんも聞こえなくなってそれがずっとずっと続いていて終わりがなくて僕はひとりぼっちで…洪水のように溢れる死への恐怖にのたうち回っている間にも刻一刻と時間は進んでピザを持ったらぁらちゃんはあと10分もしたら男の家に着いてしまうだろう。時間がない。早くしろ早くしろ早くしろ早くしろ早くしろ早くしろ早くしろ早くしろ早くしろ早くしろ














 

 

 

 

 

…………。

 

 

 


………………………………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!

 

 ガコン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(静寂)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 キィキィと縄が軋む音。風でなびくカーテンから射し込む白い光。さっきまで男だった肉塊が吊るされてゆらゆらしている。死体になった僕をらぁらちゃんに見てもらいたいな。それが男の最後の願いだった。この世でいちばん好きな人に自分の死体の第一発見者になってもらいたかった。

 

 

 真中らぁらは男の家に到着した。インターホンを押すが応答がない。鍵は空いている。そっとドアノブを捻り「ごめんください」と言ってみるがなにも返ってこない。靴を脱ぎ、そろりそろりと廊下を渡るとそこには首を吊った男の死体。らぁらは手に持っていたピザを地面に落とす。べしゃ。


 男の死体は苦しそうな顔をしていた。
 恐怖。
 よくわかんない吐瀉物で床が汚れている。
 硬直。
 部屋の机にはピザの代金と置き手紙が。
 理性の麻痺。


 ハッとした時には身体の硬直が解けて、らぁらは代金を回収し急いで男の家から出る。手紙の中身は確認していない。私はなにも見ていない。私はなにも見ていない。私はなにも見ていない。私はなにも見ていない。必死に自分に言い聞かせる。そうしないと頭の中があの男の死体で染まってしまうから。汗がだらだら心臓がバクバク落ち着け落ち着け落ち着け私。男の死体のイメージを必死に頭の奥の奥の奥の奥の底に封印しようとする。だんだん呼吸も落ち着いてきた。大丈夫…大丈夫…大丈夫だから。
「ただいま」
 無事家に帰ってこれた。キッチンで調理している父の後ろ姿が「ちゃんと届けられたか?」と尋ねてくる。
「うん!」
 疑われないように、心配されないように、元気よく返事をしてみせた。
「そうかそうか。次も頼むよ、らぁら」
 そう言って父は褒めてくれた。もう忘れよう。でもきっと忘れられないまま何年も何十年もふとした時にあの男の苦しみに満ちた顔を思い出すのだろう。らぁらが確認しなかった男の手紙には「おぼえていてね」とだけ書いてあった。

5/9〜15

5月9日(日曜日)
プリチャンみてニコニコ。二度寝TSUTAYA行こうかなと思ったけどめんどいから三度寝。やば、寝すぎじゃん笑 14時から深淵の沈黙読書会、なんも理解出来てないのでとりあえずエモいとか言って誤魔化す。楽しかった。夕方は図書館。北村紗衣のお砂糖とスパイスと爆発的な何かを読了。

5月10日(月曜日)
バイト。大庭みな子の三匹の蟹読了。ブックオフの100円コーナーでいとうせいこうの鼻に挟み撃ちと金子光晴のどくろ杯を買う。河野多恵子の回転扉も買う(220円)。夜は大林宣彦監督のこの空の花長岡花火物語を鑑賞。

5月11日(火曜日)
キネマ旬報シアターで大林宣彦監督の花筐を鑑賞。紀伊国屋江原由美子の増補女性解放という思想、バウマンの近代とホロコーストを買う。滝本竜彦NHKにようこそを再読。

5月12日(水曜日)
散歩する。ブックオフ大江健三郎賞8年の軌跡「文学の言葉」を恢復させるを買う。滝本竜彦のネガティブハッピー・チェンソーエッジを再読。

5月13日(木曜日)
バイト。小澤みゆき編のかわいいウルフ読了。 ゾンビランドサガ観て幸福。

5月14日(金曜日)
早起きしすぎたのでAmazonプライムインヒアレント・ヴァイスを観る。よくわかんねー映画だった。めちゃくちゃ昼寝する。滝本竜彦超人計画を再読する。

5月15日(土曜日)
地元の本屋で閃光のハサウェイ(上・中・下)を買う。高校の頃図書館で呼んだきりなので映画観る前に再読する。図書館で読書。武闘拳猛虎激殺!を観る。

5/2〜8

5月2日(日曜日)
プリチャン観てドーパミン出しまくって大宮のブックオフに行って(セールだからね)色々買う。そのあとCOCOON紀伊国屋で散財。以下、購入品。

ブックオフ
・日輪の翼(中上健次)
・模範郷(リービ英雄)
・「いき」の構造(九鬼周造)(岩波文庫)
チベット死者の書(ちくま学芸文庫)

紀伊國屋書店
・彼女たちの部屋(レティシア・コロンバニ)
・砂漠が街に入りこんだ日(クガ・ハン)
・光のない[三部作](イェリネク)
・あなたと原爆(オーウェル)(古典新訳文庫)
・われら(ザミャーチン)(同上)

家に帰ったら昨日注文したティエンの深淵の沈黙が届いてた。これは読書会で読む本。

5月3日(月曜日)
中原昌也の作業日誌がAmazonから届いてアガる。ウマ娘をはじめてみる。図書館に行く。平林美都子編、女同士の絆を読了。ティエン読む。なんもわからん。

5月4日(火曜日)
図書館で読書。15時に外出、渋谷へ。かなり久しぶりの渋谷。ジュンク堂の品揃えに圧倒的。特に哲学、思想系。海外文学なら八重洲ブックセンターの方が上かも。フリオ(コルタサルじゃないよ)の黄色い雨を買う。アップリンク渋谷で寛解の連続鑑賞。素晴らしい映画だった。ありがとうアップリンク渋谷。多分これがここで観る最後の映画。帰りの電車で葛西善三の哀しき父/椎の若葉読了。

5月5日(水曜日)
なんもすることないから越谷あたりを散歩。ブックオフへふらり。これは!バリェ=インクランの独裁者ティラノ・バンデラスじゃないかーッ!最近出た本なのに!今セール中だし安く買うチャンスじゃん!買った。家に帰ったら草間彌生ウッドストック陰茎斬りがAmazonから届いてた。夜は葛西善三の子をつれての読書会に参加。色々話す。楽しかった。

5月6日(木曜日)
バイト。バイト帰りに古本屋で宇野浩二の思い川/枯れ木のある風景/蔵の中(講談社文芸文庫)を買う。500円。その後ジュンク堂でソル・ケー・モオの女であるだけでを買う。家に帰ったらリービ英雄星条旗の聞こえない部屋がAmazonから届いてた。ニーチェ道徳の系譜読了。 ゾンビランドガリベンジ観て歓喜

5月7日(金曜日)
キネマ旬報シアターで大林宣彦野のなななのか鑑賞。すごい映画だった。葛西善三の名前が出てきて個人的にタイムリーだった。帰宅後図書館でシャネル・ベンツのおれの眼を撃った男は死んだ、鬼頭莫宏の骸都市の夢読了。夜はYouTubeのTOEI ExtremeTheaterチャンネルで配信されてた男組って映画を観る。尺短い割に詰め込みすぎでちゃんと終わるのかハラハラしながら観てた。ラストめっちゃあっけなかった。

5月8日(土曜日)
散歩する。セロトニン浴びながらニーチェ読む。善悪の彼岸読了。ファミレス行く。ティエンの深淵の沈黙読了。その後は図書館で読書。大庭みな子とか読む。

4/25〜5/1

4月25日(日曜日)
プリチャン観る。しあわせ。天気がいいので外出。大宮に行ってブックオフへ…。以下、購入品。計600円くらい。

・完全なる遊戯(石原慎太郎)
・あらくれ(徳田秋生)(岩波文庫)
・冥途・旅順入城式(内田百閒)(岩波文庫)
・存在の耐えがたきサルサ(村上龍)*対談集

Amazonだと高騰している石原慎太郎の完全なる遊戯があったのが地味に嬉しい。収録作のファンキー・ジャンプか気になっていた。村上龍の対談集は中上健次坂本龍一庵野秀明がいたり面子が豪華。電車の中でマルケス予告された殺人の記録読了。21時からジェンダートラブルの読書会に参加。色々話す。

4月26日(月曜日)
MOVIX三郷で21ブリッジ鑑賞。チャドウィク・ボーズマンの勇姿を見届ける。李里花編著の朝鮮籍とは何か読了。

4月27日(火曜日)
バイト。佐藤友哉の子供たち怒る怒る怒る読了。

4月28日(水曜日)
とうとう来たなこの時がぁ!今日は予約しただいあぱん(プリチャンに登場するだいあってキャラのぬいぐるみ)をプリズムストーンで受け取れる日。ひゃっほー!プリズムストーン東京駅店にレッツゴー!到着!受け取ったぜ!かわいいいいいいいいいいいこのまま新幹線乗ってどこか遠くに行きたいねぇ一生幸せでいようね。
佐藤友哉の1000の小説とバックベアードを再読。派遣の給料をもらう。その金でボラーニョの通話を買う。

4月29日(木曜日)
図書館にて五十嵐大介の魔女、砂川文次の臆病な都市と舞城王太郎ドリルホール・イン・マイ・ブレイン(好き好き大好き超愛してる収録)読了。午後は友人に誘われてパチンコへ。シンフォ2、4000円で600円勝ち。そのままキネマ旬報シアターで友人とノマドランド鑑賞。良い映画だった。居酒屋で馬肉食って飲んで帰る。 ゾンビランドガリベンジ観て嗚咽。

4月30日(金曜日)
バイト。五十嵐大介のSARUと紗倉まなの春、死なん読了。SARUはかなり自分好みな漫画だった。ちまちま再読してた少女終末旅行を読み終える。ラストでやっぱり泣いちゃう。

5月1日(土曜日)
バイト。定時より一時間早くあがれた。やったあああああああ!上野千鶴子不惑フェミニズム読了。Amazonから葛西善三の哀しき父/椎の若葉が届いてた。YouTubeで公式配信されてる極道(山下耕作監督)を鑑賞。

f:id:sekizui_sekiko:20210502214947j:plain

4/17〜24

4月17日(土曜日)
バイトだった。疲れた。休憩時間中に廣野由美子の批評理論入門を読了。批評のキーワードを改めて学ぶ。バイト帰りにジュンク堂へ。以下の本を購入。

ルビコン・ビーチ(スティーヴ・エリクソン)
・ハイファに戻って/太陽の男たち(カナファーニー)

4月18日(日曜日)
先月から買って積んでいたマルケス百年の孤独を読み始める。冒頭からもう文章が美しい。10時にプリチャン観て、その後外出。行きの電車で佐藤友哉クリスマス・テロル読了。ユヤタン作家やめちゃうの….?悲しいー()
キネマ旬報シアターであのこは貴族を鑑賞。手を繋ぐのではなく遠くから手を振り合う関係性。帰りに紀伊国屋で本購入。以下、購入品。

・先端で、さすわさされるわそらええわ(川上未映子)
・くたばれインターネット(ジャレット・コベック)
現代思想2021年3月号

くたばれインターネットは乱丁本だったが読むのに支障はなし。 帰宅後アニメ鑑賞。おちこぼれフルーツタルトを完走。

4月19日(月曜日)
バイト。行きと休憩時間と帰りで昨日買った川上未映子を読み終える。

4月20日(火曜日)
MOVIX柏の葉戦場のメリークリスマス4K修復版を鑑賞。切腹シーンで笑顔になる。スタッフロールが全部英語なのが一番敗戦を感じる。 雪の名前はカレンシリーズを読了。あーゼロ年代だった。絶妙なキモさ。

4月21日(水曜日)
バイト。バイト先の営業所を間違えて社員に送ってもらう失態が発生。バイト帰りにジュンク堂でわたモテの18、19巻とローブシンの蒼ざめた馬を買う。

4月22日(木曜日)
バイト。岩波新書ジョージ・オーウェル読了。オーウェルの評論が読みたくなる。ゾンビランドガリベンジ3話を観て感動。

4月23日(金曜日)
百年の孤独、ついに読了。超感動した…。童貞喪失したような感覚。いや童貞ですが。 浦和古本いちに行く。以下、購入品。

・ゼーロン・淡雪(牧野信一)
・裏声で歌え君が代(丸谷才一)
・「民族」で読むアメリカ(講談社現代新書)

そのまま紀伊国屋へ。中公新書戦後民主主義とジョンソンの海の乙女の惜しみなさを購入。 読書会の課題図書なので先月からちまちま再読していたジェンダー・トラブルを読み終える。以前より理解度は上がった(気がする)。

4月24日(土曜日)
バイト。マルケスエレンディラ読了。 東映YouTubeで配信している日本暗黒史 血の抗争を観終える。淡々と、静かに血が流れ、人が死ぬ。理想と現実の中で破滅する男たちに哀愁…。