4/17〜24

4月17日(土曜日)
バイトだった。疲れた。休憩時間中に廣野由美子の批評理論入門を読了。批評のキーワードを改めて学ぶ。バイト帰りにジュンク堂へ。以下の本を購入。

ルビコン・ビーチ(スティーヴ・エリクソン)
・ハイファに戻って/太陽の男たち(カナファーニー)

4月18日(日曜日)
先月から買って積んでいたマルケス百年の孤独を読み始める。冒頭からもう文章が美しい。10時にプリチャン観て、その後外出。行きの電車で佐藤友哉クリスマス・テロル読了。ユヤタン作家やめちゃうの….?悲しいー()
キネマ旬報シアターであのこは貴族を鑑賞。手を繋ぐのではなく遠くから手を振り合う関係性。帰りに紀伊国屋で本購入。以下、購入品。

・先端で、さすわさされるわそらええわ(川上未映子)
・くたばれインターネット(ジャレット・コベック)
現代思想2021年3月号

くたばれインターネットは乱丁本だったが読むのに支障はなし。 帰宅後アニメ鑑賞。おちこぼれフルーツタルトを完走。

4月19日(月曜日)
バイト。行きと休憩時間と帰りで昨日買った川上未映子を読み終える。

4月20日(火曜日)
MOVIX柏の葉戦場のメリークリスマス4K修復版を鑑賞。切腹シーンで笑顔になる。スタッフロールが全部英語なのが一番敗戦を感じる。 雪の名前はカレンシリーズを読了。あーゼロ年代だった。絶妙なキモさ。

4月21日(水曜日)
バイト。バイト先の営業所を間違えて社員に送ってもらう失態が発生。バイト帰りにジュンク堂でわたモテの18、19巻とローブシンの蒼ざめた馬を買う。

4月22日(木曜日)
バイト。岩波新書ジョージ・オーウェル読了。オーウェルの評論が読みたくなる。ゾンビランドガリベンジ3話を観て感動。

4月23日(金曜日)
百年の孤独、ついに読了。超感動した…。童貞喪失したような感覚。いや童貞ですが。 浦和古本いちに行く。以下、購入品。

・ゼーロン・淡雪(牧野信一)
・裏声で歌え君が代(丸谷才一)
・「民族」で読むアメリカ(講談社現代新書)

そのまま紀伊国屋へ。中公新書戦後民主主義とジョンソンの海の乙女の惜しみなさを購入。 読書会の課題図書なので先月からちまちま再読していたジェンダー・トラブルを読み終える。以前より理解度は上がった(気がする)。

4月24日(土曜日)
バイト。マルケスエレンディラ読了。 東映YouTubeで配信している日本暗黒史 血の抗争を観終える。淡々と、静かに血が流れ、人が死ぬ。理想と現実の中で破滅する男たちに哀愁…。